笑気麻酔

笑気吸入鎮静法についてlaughing

昭和町の歯医者「うらた歯科クリニック」の笑気麻酔へのページです。

歯科治療への不安が強い方へ

歯科治療への不安が強い方へ

消毒薬の臭いや歯を削る音や振動などによって、歯科治療への不安感が大きくなってしまう人は少なくありません。歯科医院は非日常的な空間なので、怖くなってしまうお気持ちもよく理解です。そんな患者さまには「笑気麻酔」がおすすめです。

笑気麻酔とは?

笑気麻酔とは、鎮静作用のあるガスを鼻らから吸引するだけで、歯科治療への不安感やストレスが軽減される鎮静法です。

笑気(亜酸化窒素)と高濃度酸素を混合したガスは、治療後30分以内に体外へと排泄されます。副作用もほとんどない安全な鎮静法です。

笑気麻酔とは?

笑気 血圧や脈拍を安定させる作用がある
ほんのり甘い香りのする無職の気体
酸素 全身への酸素供給を増やし心臓や脳の働きを正常化する
高濃度(70%以上)の無色無臭の気体

〜酸素による興奮と心拍数を下げる効果〜

笑気麻酔は、不安感や恐怖心を和らげる点に注目されがちですが、もうひとつ重要な役割を果たしています。それは“高濃度酸素による興奮と心拍数の低下”です。とくに小さなお子さまは、歯科治療中に心拍数が上がり、興奮状態となりやすいため要注意です。

一般的な成人の心拍数は1分間に80回程度ですが、子どもは100回程度となっています。そこに興奮が加わると、130回程度まで増加するのです。そのため、高濃度酸素によって心臓や脳の働きを正常化させるのは、非常に大きな利点といえます。

笑気麻酔はこんな方におすすめ

笑気麻酔がおすすめできるのは、以下のようなケースです。

歯科処置に対する恐怖心や不安感が強い

恐怖心や不安感が高まると、ショック状態を引き起こすことがあります。脈拍や血圧が大きく変動し、場合によっては深刻な事態を招きかねません。いわゆる「歯科恐怖症」を患っている方には、笑気麻酔がおすすめです。

嘔吐反射がある

お口の中に診療器具などを入れた際に、吐き気を催しやすい人は、笑気麻酔がおすすめです。歯科処置の最中に嘔吐反射が引き起こされると、深刻な医療事故につながりかねません。鎮静効果によって嘔吐反射を抑制するのが望ましいです。

血圧や脈拍が変動しやすい方

脳や心臓に病気があって、脈拍および血圧が変動しやすい方も笑気麻酔が推奨されます。高濃度酸素によって循環を安定させることで、不要な偶発症を防ぐことが可能となります。

笑気麻酔に関するQ&A

Q.笑気麻酔のメリットは?
  • 歯科治療に伴う不安やストレスを軽減できる
  • 鎮静効果は速やかに消失するためすぐに帰宅できる
  • 治療中も意識がある
  • 嘔吐反射を抑制できる
Q.笑気麻酔を施すとどんな感じになるの?
  • お酒を少し飲んで“ほろ酔い”になったような状態になる
  • 不安が和らぎ、楽しい気持ちになる
  • 手足が温かくなる
Q.どんな人におすすめですか?
  • 歯科治療に強い不安感や恐怖心がある人
  • 血圧が高い人
  • 嘔吐反射が強い人
  • 高齢の人
Q.笑気麻酔が行えないケースはありますか?
  • 鼻炎などで鼻呼吸できない人(笑気を鼻から吸引するため)
  • 体内に閉鎖腔のある病気(気胸、中耳炎、腸閉そくなど)を持っている人
  • 喘息などの呼吸器疾患のある人
  • 禁忌症の人