歯周病

うらた歯科クリニックの歯周病治療perio

昭和町の歯医者「うらた歯科クリニック」の歯周病へのページです。

歯を失う原因第一は『歯周病』

日本人が歯を失う原因の第一位は「歯周病」です。虫歯ではない点に驚かれた方も多いかと思いますが、歯周病について深く知ることでその理由もスムーズに理解できます。

歯周病とは

歯周病とは、歯茎、セメント質、歯根膜(しこんまく)、歯槽骨(しそうこつ)からなる歯周組織が破壊される病気です。歯茎に歯周病菌が感染することで発症します。歯茎が赤く腫れるのは、比較的軽度の「歯肉炎」の段階です。進行すると、歯を支えている歯槽骨まで溶かされて、歯がグラグラ揺れ動くようになります。

歯周病とは

『沈黙の病気』と呼ばれる理由

歯周病は、自覚症状に乏しく「沈黙の病気」と呼ばれることもあります。気付いた時には重症化しており、抜歯を選択せざるを得ないケースも少なくありません。

軽度の段階では、歯茎の腫れが目立つようになるのですが、痛みなどの強い症状が現れないことから、歯周病に気付かない人が大半を占めます。

“日本人の成人の8割以上が歯周病にかかっている”といわれているのも、自覚症状の乏しさが大きく影響しています。

〜全身の病気のリスク因子になる〜

歯周病が重症化すると、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病、誤嚥性肺炎といった全身の病気のリスクを引き上げます。歯茎の血管から歯周病菌や毒素、炎症性物質などが全身へと巡り、各臓器でさまざまな悪影響を及ぼすのです。妊娠中の方は早産・低体重児出産のリスクを上昇さえるため、歯周病の重症化には十分注意しましょう。

当院の歯周病治療

現在の歯周病の状態を把握するために、以下の検査を実施します。

歯周病検査
歯周ポケット検査

歯周ポケット検査

歯周病にかかると、歯と歯茎の境目に「歯周ポケット」と呼ばれる溝が生じます。健康な人でも1~2mmの歯周ポケットが存在しますが、4mm以上になると歯周病と診断されます。ポケット探針と呼ばれる器具を歯周ポケットの中に挿入することで、その深さを測定します。

出血・動揺度の検査

出血・動揺度の検査

ポケット探針を挿入した後に、歯茎からの出血が認められる場合は、歯周病菌が現在、活発に活動していることを意味します。歯科用ピンセットで歯に圧を加えてグラグラと揺れ動く場合は、歯槽骨の破壊が疑われます。

レントゲン撮影

レントゲン撮影

肉眼では確認できない歯根や歯槽骨の状態は、レントゲン撮影で確認します。進行した歯周病では、歯槽骨の吸収が認められます。

歯周基本治療

歯周病と診断されたら、まず歯周基本治療を受けることになります。

スケーリング(歯冠の歯石除去)

スケーリング(歯冠の歯石除去)

スケーリングは、歯茎より上の部分の歯冠(しかん)に付着した歯石を除去する処置です。歯石はブラッシングで落とすことが難しく、歯周病菌の温床ともなることから、スケーラーと呼ばれる専用の器具で削り落とす必要があります。

ルートプレーニング(歯根の歯石除去)

ルートプレーニング(歯根の歯石除去)

歯周ポケットに形成された歯石は、ルートプレーニングで取り除きます。スケーラーを歯周ポケット内に挿入して、歯根面を滑沢にします。歯茎に対する刺激が強い処置なので、事前に局所麻酔を施します。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

スケーリングやルートプレーニングによって歯石を一掃しても、セルフケアが不十分では、再び汚れが堆積します。そこで有用なのが歯磨きの専門家によるブラッシング指導です。患者さまそれぞれに最適といえるブラッシング法をご提案し、衛生的な口内環境を築けるようお手伝いします。

歯周外科治療

歯周基本治療で症状の改善が見られないケースでは、歯周外科治療へと移行します。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット内の歯石だけでなく、細菌に感染した歯茎やセメント質まで取り除きます。スケーリング・ルートプレーニングと同様、スケーラーを用いた処置となります。

フラップ手術

フラップ手術

歯周ポケットが深くなると、ポケット底までスケーラーを到達させるのが困難となり、歯石の取り残しが生じます。フラップ手術では、歯茎をメスで切開し、歯根面を露出させることから、歯周ポケットの奥深くに形成された歯石や汚染物質もきれいに取り除けます。施術後は歯茎を縫合して元の状態に戻します。

エムドゲイン

エムドゲイン

歯周病によって破壊された組織を再生する治療法です。患部に「エムドゲインゲル」と呼ばれる薬剤を塗布して、歯周組織の再生を促します。